差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り

差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り(2)

先日の記事の続きです。

起業したらチラシを配布したりウェブサイトを作ったりSNSを始めたりするものだよね、とお考えのことと思います。
ではそもそもなぜ「販促ツール」が必要なのでしょうか。

”販売促進ツール(販促ツール)”とは?

POP、試供品(サンプル)、製品紹介ポスターやチラシ、会社案内、製品カタログ、料金表、提案書、webサイト、メールマガジンなど、製品やサービスにあった様々なツール

ミツエーリンクス マーケティング用語集 販促ツール – https://www.mitsue.co.jp/case/glossary/m_102.html
販促ツールってなに?スライド画像

販売促進ツール制作は、自分に何ができるか知らせる事業の第一歩

さぁ営業活動をしなければ、と、いざ自分の仕事を人に宣伝する時、少し恥ずかしいようなおこがましいような気持ちになる方もいることでしょう。
「宣伝=興味ない人への無理強い」になりはしないか・・・

無作為に・誰にでも・しつこい宣伝は敬遠されます。
しかし、ターゲティングやブランディングをきちんと考えることで自分のできるレベルのサービスでじゅうぶん役に立てる”自分のお客様”に事業内容を伝えることにより、手当たり次第の宣伝を防ぐことができます。
特に同業他社が多い業種の方、どんなことをやっているかわかりにくい事業の方は、積極的にチラシやウェブサイト・SNSなどを利用し販促活動を行いましょう。

どうせ作るからには成果を出したい、そのための「差別化」

上記のように現代は情報が多すぎるため、お客様は目に入ったチラシなどの販促ツールを一瞬で自分に必要か必要でないか判断します。
そして、大抵の場合破棄されます。
残念ながら自分に興味がない「宣伝広告(印刷物でもweb上でも)」は、嫌悪感さえ抱かせてしまいます。

ではどのようにしたら、お客様は宣伝広告を「自分に役にたつかも」と思ってくださるのでしょうか。

ブランディング(差別化)とは?

そこで、まず行うべきなのが「自分の事業を客観的に差別化(ブランディング)すること」だと考えます。

ブランディングとは | スライド画像

続きは「差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り(3)」へ

役に立った本

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール(MarkeZine BOOKS)

続・インタフェースデザインの心理学 ─ウェブやアプリに新たな視点をもたらす+100の指針

[買わせる]の心理学 消費者の心を動かすデザインの技法61

One thought on “差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です