差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り(2)

差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り

先日の記事の続きです。

起業したらチラシを配布したりウェブサイトを作ったりSNSを始めたりするものだよね、とお考えのことと思います。
ではそもそもなぜ「販促ツール」が必要なのでしょうか。

”販売促進ツール(販促ツール)”とは?

販促ツールってなに?スライド画像

POP、試供品(サンプル)、製品紹介ポスターやチラシ、会社案内、製品カタログ、料金表、提案書、webサイト、メールマガジンなど、製品やサービスにあった様々なツール

ミツエーリンクス マーケティング用語集 販促ツール – https://www.mitsue.co.jp/case/glossary/m_102.html

販売促進ツール制作は、自分に何ができるか知らせる事業の第一歩

わたしは自分で仕事を始めた当初、自分の仕事を人に宣伝するのが恥ずかしくてしかたありませんでした。
(「デザイナーをしています。」なんておこがましい!こんなちっぽけな自分が、おしゃれ・かっこいい・センスある代表のデザイナーだなんて!)
(起業って、フリーランスって、自分に自信がある意識高い系だと思われないかな・・・?)
そう、気に病んでいました(笑)

「宣伝=興味ない人への無理強い」だと思い込んでいたんです。

でもチラシを配ったりサイトを作ったりSNSをして自分のできることを伝えることは、無理強いではありません。
むしろターゲティングやブランディングをきちんと考えることで、自分のできるレベルのことを必要としている人の役に立つ可能性が広がります。
特に同業他社が多い業種の方、どんなことをやっているかわかりにくい事業の方は積極的に販促ツールを利用してください。

どうせ作るからには成果を出したい、そのための「差別化」


上記は参考ですが、現代は情報が多すぎるためお客様は販促ツールを目にするやいなや一瞬で自分に必要か必要でないか判断します。

前項で申したことと反してしまうかもしれませんが、中でもとりわけ見てもらえないのが「広告」ではないでしょうか。
自分に興味がない広告は、嫌悪感さえ抱かせてしまいます。

しかし自分のできることで困っている人の力になりたい。
できることなら、数ある同業他社のサービス・商品の中から自分のサービス・商品を選んでいただきたい。
そのためには、なるべく「感覚や印象」の時点で、自分に役にたつと思ってもらいたい。

そこで、まず行うべきなのが「自分の事業を客観的に差別化(ブランディング)すること」だと考えます。

続きは「差別化(ブランディング)で伝わるチラシ作り(3)」へ

役に立った本

CONTACT - ちょっと相談してみる

コメントを残す